つらい思睡眠いをさせない

父は亡くなって1ヶ月の後で、私は彼女との電話の、私に帰ってみるとは何かをする私の持っていったのは、彼女は、あなたに同意するなら、私は家を借り、立冬の家に住んで2年.立冬彼女の息子.

彼女は父の后妻、法的には私の継母、これらの年、私と姉はずっと彼女を呼ん辛おば.

道を歩いて、私は突然の計算では、この家は、彼女がもう来た14年整える.彼女は父に嫁いで、50歳で、まだ端正、眉目秀麗の婦人.彼女は若い頃喪夫、息子は小さい企業で出勤して、まだ.彼女は自分でずっと1家が正規の病院の看護婦、収入があまり多くないが、今は定年でも、ただ生活保護金.しかし、人はいい人です.

あの時、母はすでに他界した6年.母が歩いた後に、父の体がだんだん悪くなって.父は13歳年上で、明らかに、彼女は彼女の意図は、父は部隊の高官、定年退職した後に、収入が高い.

彼女たちを家に来て、初めは彼女が住んでいる小さい家の息子に殘され.お父さんも、給料カードを渡して彼女の手に、父は気に入って彼女のかも、彼は孤独があまりに長くて.

彼女剛てあの、私と姉はいつも帰りは、父を訪ね、実はあまり安心して彼女を知らないで、彼女は父の世話をするかどうか.

それで、だんだん落ち着いてきた.彼女はとても手まめ、てきぱきしている、家の片付けが整然としている、そして一手に良い料理、父の精神と顔色が明らかに以前よりたくさん話したり、笑ったり、から.

そのため、時には彼女は、私が存心小さな感激.彼女との関係は、常に丁寧で疎遠になる.

唯一親しい時間は私の娘を生んで妞妞以降.私は田舎に来て私を配慮しない姑.父に電話をかけて、私は座って月子辛おば帰る——彼女も経験した看護婦.

あの2つの月、彼女は父の世話をしながら私と娘の世話をしながら.毎日、私は違う味の栄養の食事を食べるが、私と彼女の間はずっと遠慮して、いつもありがとう.明らかに、彼女は子供好きだから、いつも見つめ妞妞の小顔児見.その時、彼女の息子はちょうど結婚して、私に聞きます:“おばあちゃん彼女手っ取り早いだろ?」

彼女は少しきまりが悪くて、早く、嫁も妊娠しました.

あの時間、暇な時、彼女に座ってベランダに娘と虎头鞋綿入れ.彼女の目はもう花、その日に、針に糸を通すの時、彼女は私を探して持ってきた.突然、私はあの時を思い出して逝った母、私は小さい時から、母は私を手伝って針に糸を通す.

多少言い表せない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です