ニラ:土方睡眠大集合

ニラの別名のニラ、山ニラ、扁菜、起陽の草、長生ニラ、怠け者料理と呼ばれる現代人は野菜の中のバイアグラで、それは若葉と柔らかい莖、花、子などを見せる食用.ニラの栄養価が高い、ひゃくグラムごとに食用部分に~2 . 85グラムタンパク質,脂肪の0 . 2~0 . 5グラム、炭水化物の2 . 4~ろくグラム、セルロース0 . 6~3 . 2グラム、また大量のビタミン.また、ニラに含まれる硫化丙烯揮発性のため、辛味が持って、食欲を促進の役割.ニラは料理を作る以外に、良い薬用価値がある.その本の味を辛、入肝経、温中、行ガス、散する;叶味甘辛咸、性は暖かくて、入胃、肝臓、腎臓、温中行ガス、散する、肝臓の腎臓を補って、暖かい腰のひざ、精力をつける固精.ニラを散する、理气降逆、温腎精力、ニラの汁は赤痢菌、チフス菌、大腸.希菌、ブドウ球菌が抑制作用.『本草綱目』の中でニラ子補肝やこめかみ、治小便頻度、夜尿症.民間の常用ニラ治療体も弱いし、肺結核寝汗、食道がん吐き気、女性産後血晕、吐いて清水及び中医整体切り傷の腫れ、神経性やアトピー性皮膚炎、新生児強皮症など.ニラを洗浄する、捣烂絞ジュースは約ろくじゅうグラム、ぬるいお湯冲服、治急性胃腸炎.ニラ子研粉、毎日朝晩服じゅうグラムで、湯を服、治インポテンツ、洩精.ニラ根ひゃくグラムを絞って熱温服汁、煮込み、治月経閉止,睡眠、重症さえ服三剤.$ { FDPageBreak }ニラろくじゅうグラム、みじん切り、蓖麻子肉(殻)さんじゅうグラム、共捣烂,ご飯を温めると均等敷患部、治手にできる水虫.ニラ叶或根搗きジュース一杯、ぬるいお湯で少し酒冲服、治慢性便秘.ニラはソテー、治関節の凝り.ニラあぶって乾かす炒め焦存性、研細末、油で調和をつけ、治田虫.ニラ搗き敷をペースト、治中医整体腫れ、捻挫痛み.ニラ葉捣烂外週に、治水田皮膚炎.ニラは、虫歯になり、虫歯になり、痛みを止めて.ニラ、生ニンニク各さんじゅうグラム、捣烂泥状になっ烘热後、強くふい患部を拭いて、一日一回連続三日、治療乾癬.ニラは酢で長く煮て、あぶって乾かす研の末、蜜錬を丸、例えば梧あぶらぎりの実のは大きくて、空腹で酒を服、毎回30丸、治こしけ.ニラ子じゅうグラム、研の末と面、餅2回に分けて食、治小児夜尿症.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です