夕日の睡眠関東バス下で、父の後ろ姿はますます小さく

70歳になったが、ますますような.歩く足が上がらなくなって、足をこすって、さくっと響、部屋から聞いて、分からないのは彼の歩いてても、私のあの8歳の甥歩いて歩く.時には料理がおいしくなくて、彼は食べないが、天気が涼しくなった、彼の服を加え、半日;庭で、父は歩きながら口笛―――全ない父の威厳.
父はまるで子供のようにますますちょっと人に気が狂っている レビトラ 偽物.家に来て、父はわざと太い声が大のどに話して、まだ非お客さんと争って鍋食べ頭の餃子――彼は明の家にお客さんが、母親は彼と.お客様に歩いて、父はすぐまた卑屈に母に注意する.
父は外から帰ってきてたびに、最初の言葉は:あなたのお母さん?母は家では、父の言葉ではなく、もし母が家にいないで、父親が折れて振り返って探して、真剣に母を探してきて.
一度揺すって、父、母、出かける前にも鏡、顔もきれいに洗って、目やにが上にも.父:私は出かけない一週、どのように発見していないで、あなたに見つけた?母がとてもおかしいと感じ、他の人の発見もすみませんあなたはね、でもこんな大人になった.
家に少しガラクタ、廃棄紙やペットボトル、父も喜んで手に廃品回収所へ販売、販売三元5元、もはや上納母親の懐に入れ、公開のへそくりとして、自分で食事に出かけたり間食用に購入.
父は以前特別倹約しないまで外で食事をして、どんなお菓子も食べない.児に女は、たいしたの支出は、彼も気前がよくて、屋台を豆腐土鍋面―――を入れないと入れない肉、エビ、海苔、昆布や豆腐、1碗のでさえすれば元5角.父は肉じゃが焼き餅食べ板.板の肉は新疆特有の1種の食品のやり方を煮た―――牛肉に加え、各種の調味料、圧成塊状、食べる時、鋭い刀を薄切りに挟んで、焼きたての熱焼餅に.
父が一度に私が母の状:私が毎回すべて1元の肉を挟んで、1回焼餅少し大きくて、私は2元の肉を挟んで、あなたが私のお母さんは無駄.私とは可笑しい限り、これはどこの印象の中で厳粛な伝統、慎み深いの父よ、はっきりとは食いしん坊の子供!私はポケットから50元彼に、彼はもっぱら焼餅板の肉を買って、彼は意図的に念を押して:母.父は喜んでお金を受け取って出かけた.まもなく、私は台所から聞こえて、父と母は自慢の口ぶりは言います:私に50元、私を買って板肉じゃが焼餅、ほら、娘は私をかわいがって!私の心の中が急に
ひとしきり辛酸―――私達はますます大きくなって、父がますます小さくなったように、あのようなという云亮の詩人の詩は――
父老ました/そこに立って/ような地盤傾斜の土壁/小断面……私の父はますます子供みたい/私の父と話す/父はいつもひたすらうなずい/一時理解できない意味が口をあけ/私に突き進んだよ笑い……一刻/私突」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です