成長の睡眠魔法

過去の才走る

幼い頃、才走る”のこの4つの字の無限なあこがれ.

本当にしたい才走るの子供です!そこで、私は常にクラスで自発的にクラスメート、先生を笑わせる.新奇をてらうとまではいかないが、一人一人に注意されたい.

好きに座って教室の最前列、先生が私を見て.私は勇敢に手を挙げて先生の質問に答えていない、もちろん、授業の時、私は静かになって.

私はなるべく課外活動、自分の才能を表現.小学生の時、学校の中のすべてのシスター先生が私を知っている.

中学の時、私はバレーボールのチームに参加したので、バレーボールのチームは最も出しゃばるな.その後、私は更ににリーダー.

私やってて、また参加します.

私は努力に「才走るに向かっている.

突然、ある日、私はもう憧れこのすべて.

私から自分を理解して、私はやっと発見します私は勝ち気ではなく、好きな出しゃばる.私が好きで、好きではない人と一緒に.私を愛しないでステージに立っている.私の根本は才走る人.

私はただ静かに自分が好きなことをしないほうがいい、他人が私を煩わして.私に恐れる才走る後の寂しさを.を控えめな人が多く、楽しい日々を.

人の成長の過程の中で、自分も誤解だろう 精力剤シリアス?私達がついに探し当てて自分は、昔のことに汗を拭いたり、顔が赤くなりますか?

徴服できないこと多すぎて

私は以前は念の中学校を持ってきれいな運動場で、運動場の壁に刻まれている何行字:運動は参加では勝利は、人生では徴服.

あの時、私は同意しない運動を気にかけないで勝利という言葉は、運動場で、私たちは勝ちたいの.

ある年、バレーボールの試合に負けて、私たちはいくつかの女の子が隠れて泣いて更衣室に甚だしい.今思えば、当時の人生の中でまた何で言える.勝利のもとは重要ではないので、負けて泣いて、かえって持った良い思い出.

当時最年少で、人生の中でただひっきりなしに奮闘を徴服できない、それは苦しい.今日になって、突然明白で、人生は徴服できないことが多すぎで、私たちはしばしば徴服できない自分の占有欲、嫉妬と、私たちも、と寂しさを徴服する.

把握できて結果、しかしいつを掌握することができる過程.ある日の夜、と私がある事といえば、分からないが」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です