男は中年になって「油睡眠を加点うとする」

男は一家の大黒柱だが、40,多いかせぎは、大儀、気力が昔ほどある.さらに多くの中年男性サラリーマンもと背中の痛み、神経衰弱、食欲不振、特に夜には殘業のあと,昼間はいくら補覚も補っていけない.すぐオフィスに座ってぼんやり、体質が明らかに下がって、病院へ検査してまた何の大きな欠点がない.なんの問題なんでしょうか.

中年男にとって、仕事は休まないで、心身はきっと疲れます.男性の過労死が多く、慢性疲労症候群としても中年男性が多いということです.重慶の大坪三院の杨国汉教授は紹介して言います:今、社会生活のリズムが加速し、緊張も若い人や中年の人の仕事と生活の圧力はとても大きくて、長期の緊張と、抑圧や超負荷で仕事に疲れて、精力の主な原因.加えて中年以降、腎臓に精密な血を補うと思って損虚、長期腎臓のびくびくするにもつながる人精力が下がるため、免疫力が低下する.時間が長くなり、私たちの精力は貸越貸越で、体が亜健康の状態になり、様々な病気も引き続く.だから、ほとんどの人は40歳ぐらいは大病をしやすいのもこの道理です.

ライトは、命の炎にもっと熱く、もっと強く燃えるようにしている.中国医学の角度は、気力が主な理由は、体の機能低下による腎.過度に精力を当座貸越あるいはよく超負荷で仕事の中年の人にとっては自分の趣味を育成して、毎週少なくとも2回スポーツの鍛煉など、水泳、縄跳び、球技をして、登山など、2週間ごとに少なくとも一回アウトドアや仲間が集まるイベント、毎月少なくとも一回文体娯楽活動に参与し、生で聴くコンサートやコンサート、現場を見てスポーツや美術展を見て、カラオケや山に行ったが、毎年少なくとも一回旅行など、リラックス.仕事が忙しくて歩いていけないと言う人もいるかもしれないが、時間は押し合いている.遊びに行っても、日も一人ではないから崩れることはない.

保護腎臓の息のあと三点要領:注意適度な運動は、性生活と睡眠.適当な運動が活発に体質が改善し、思考、強壮筋骨を促し、栄養物質の消化吸収によって腎臓の息のを強固にして、第二に、性生活ほどほどに、しないこと.また、十分な睡眠も重要な保障回復元気、仕事の緊張しないで、家の悩み事が多くて眠るときにも時間どおりに休んで.

でも、私たちはよく食べる食品にも腎臓の機能、たとえば牡蛎、クルミ.豚腰花やカキに多く含まれる亜鉛、腎臓を補ってとても利益があり、クルミそして肺を潤すことの作用.もちろん、もし診断は腎臓のびくびくするが,睡眠、药补、この時に適当にして、腎臓、免疫を調整するダブル機能の調節の腎臓を補って益寿カプセル.太極益寿カプセルは腎臓専門針>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です