簡単な活動4つの睡眠部位は男性の足腰が改善することを改善することができます

静養と足腰が痛くて、静養するか運動をしますか?どのようにしてどのように症状を改善することができますか?次の紹介の方は毎日朝晩各一回、20~30分、異なる動作で交互に操作します.

肩、あなたは、手を振ってもいいです揺れ肩法:立つ時に両足がやすめ姿勢よりやや広い、両肩肩をリラックスして、自然、侧の肩関節を中心に、肘関節屈撓、前から後ろへあるいは由後前、環状運動.普通は50~100回,睡眠、初期は50回、中、後期は100回、酌量、動作要領、ゆっくりと速い.

壁から登る法:体に立つ、両足分け略並みと広い壁に向かって,病侧薬指塀に沿って続けて、壁に這うを掲げ、上肢を最大限に、または手のチョークを登って、毎日の高さと横線絵、記号、高くなってきて、毎日さんじゅう度.

手法:立つ時下肢に八文字に分かれ、患侧上肢が垂れて、前後に振られ腕さんじゅう~ごじゅう回振りアーム回転範囲まず小さな大、天から和尚にはなれぬ、徐々に回数を増やすと範囲.

首、肩をすくめる動頚が

右顧左眄法:通常取席、身体が自然にリラックスして、特に首の筋肉をリラックスして前方を正視につれて、視力の平行線左右交互に回転頭部、通常の先に左顾、右盼後、繰り返しじゅう度.

肩をすくめる動頚法:体は席を立ってあるいは位、2足歩行距離と肩等幅首、肩が自然にリラックスして、下から上に肩をすくめる動作、また両肩に腕を後ろに引き活動できるし、往復じゅう度.

腰から、腰にあてる回転

を腰にあてる回転法:通常の体は立って位、2足歩行距離と肩等幅、両手を腰腰にあてる、お尻を中心に、左、前、右、左後、丸くの揺れ動きを、反対方向へ運動、範囲.

前俯后仰法:両足自然に分かれ、リラックスして シアリス20mg,特に腰部の筋肉をリラックスして、両手を腰にあてると、まず前屈みに動作し、前にうつむいてさんじゅう度、そしてそむけよ動作しさんじゅう度.し前俯后仰時禁物速すぎて、特に高血圧患者はきっとゆっくりし.

腰侧屈法:法終えても、体位を呈し、両手を腰にあてるとしては、左、右側が先に屈腰の活動は、通常左側に、後に右側に要求し、左右侧屈活動、最大限のが良くて、毎回さんじゅう度.

脚、キック压腿

もいいp>スピン膝揺れ<腰法:立つ、やすめ姿勢が、腰を曲げ、両手で膝関節の上に手のひらを押し、時計が丸くスピン膝さんじゅう度、そして逆方向に丸くスピン膝さんじゅう度.そして、体をまっすぐに、同上の方法で30回も.

Pは足を漕ぐて体を立てたりあおむけ、下肢の自然とリラックス、先に右下肢、そしてひざまずい