自己を超えもの睡眠のけ姫

睡眠作文網が無断転載特別大変

私は実はとてももろくて弱い子供、この点はあなたを知らない.君たちも知っている必要がない.知っている私は楽しいだけでいい.痛みは私自身の事.私は一人で隠れて泣いていい、あなたの微笑に向かって走って行く.

私自分を知らないのはどのような人.私は好きな瀋黙が、にぎやかな群衆の中に、よく私の話が多い.泣きたいのに、鏡に向かって、自分が笑っても輝いて.

私は一度の

と思って、私は永遠に一つの寂しい子.私は自信がない、賢い、利口ではありません.はは泣いて、笑って、どうしょうもない.

しかしあの夏、私たちお互いに会ってから約束、離れないで見捨てない.XXは、これらの、あなたも覚えている?!

あのあの日、私はちょうど、そのクラス.すべての人はすべてこのような.あなただけが、大きな目をきらきらとして先生に言って、僕はあなたと一緒に座る.私はあなたのような子供、向日葵のように、あなたの方向には、太陽の暖かさ.

君の成績はとても良くて、私はいつも赤理科掛け.一度は、一度だけを隔てて、一歩手前.なかなかを超えられない.ついに、私はあの殘忍な赤を討ち果たす.学校に隠れて目立たない角、気ままに号泣.涙をいっぱい店に僕の顔をなでる.劇的シーンは——あなたが現れた.あなたはため息をついた、私の身の回りにしゃがんで、栗、あなたは悲しまないで、私は以前も成績が50分ごろ、後に見た一つの物語が、私から妻!君一人でそっと物語っているあの週知のストーリー:アリについて火の輪に脱出の物語.あなたは、実はその物語は、団結するだけでなく、自分の限界を超えた自信があるじゃないですか!ただ臆病な心理が自我を超越してこそ、するのがもっと良いです!私が聞いた後に、ただ愣愣背心の場所は、散々に刻むあの四文字:自己を超え!

私たちの物語は同様に一夏の終わり.

p>と<あなたためには、もっとよく勉強.私はただうなづいて、空を見上げて.私は知っていて、あれらの誓いは何も言葉の事.でも、心が痛くて、依然としてあわてる.どんな結末はどのように傷、私は本当に感謝.私が最も単純な小さい年齢に、あなたと友達に場.友情と成長して、あなたは結局のところを私に教えてくれたように.

のあの日から、心の中で「自我を超越した印”のこの4つの字.

を持って以来、もうあれらの私に属して、私たちの落胆しないと卑しい.

それ私たちはこの土壇場勇往邁進する.後退しない.

福清市江镜中学3:この夏、寂涼(栗)

 

       ;;; 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です