酒を睡眠す彼岸過迄すめる

本が飲んで、あの日が来ない文友左官殺しは、怠慢でやって三五のおかずを言いつけ連れ合い.テーブルに来て、四人は顔をもとは素焼き壷煮などのあの.それは何ですか?酒も!ついに呼児は美酒と交換、同ピン万古愁爾.娘が階上から取り出し秘蔵の20年の昔古井贡紹興酒、みんな聞いて辛いと香、品と呼ばれ、55度.ストライキだろうだろう、管それ度深さは淺い、なれあう少し雰囲気、たくさん飲み.衆の欣は喜んで、1杯の酒を飲み放題、主客歓をつくす.小さくて.すぐに興揮毫し、落書き.筆を投げて.吾不器用で飲んで、ずさんな詩も、客からより付き合って、おかしいようも左官未酔って、しかも高度酒.お前が乗って酒興歌って曰く筆兮、詩を吟じ!お酒を飲んだ衆の楽!お酒を飲んだ、睡眠、吾が友に酔う!吾が友酔兮、発狂吟!皆と衆妙.その間に形骸を土木にすて、言うまでもなく.後を嗅ぎ分ける彼らは高く、また足を浸して、帰っても興味が減らない、ごしごしと書く.またあの文は、字は、本当に時の匂い.

夜酔いのないことと聞いて来た、上海の旅商人.上海人にお招きいただき、せっかく来たのに、ときに、地主のよしみを尽くし.上海人にお招きいただき、せっかく来たのに、ときに、地主のよしみを尽くし.待って行った人は政府の招待ご飯を食べました、ある人にKおごって、私たちは.お客様がボーカル、たまに吠え声.音響耳を劈く、歌人声を枯らして、一緒に歌ってさんしかあなたの耳目もはずみに貼って話して、あなたの顔.避けないもない、允で受けの、彼岸過迄、豆腐を食べる.酒は色で胆、アルコールの作用でなければ、どのように大胆にもエロ行為を行うことができますか?

何気なく聞いて説:アルコール右脳左脳刺激、麻痺.右脳の主な想像力、創造力、左脳記憶力と細かい主.それが日本語の友たちは右脳の潜在力を掘り下げてきました.すると突然悟る、深く言葉も.君が見えない、鬱達夫が当時に逃れるインドネシアのトランクの中で、1本のブランデー、1包みの牛肉干、1部の『诗の韻』――船の上で酒を.後は福建省政府にお使いいただける、毎日午後出勤し、必ず提げ醸造酒二本ながら、オフィス飲んで.この小説に釣りと西南聯大出身の作家の医者が王淡人同工異曲の妙、後者釣っ魚ついでにを鍋に入れ、魚は熟して、魚を食べながら、お酒を飲みながら、振られまた釣りフック.こんなに閑雲野鶴、少ない酒は絶対遊んで起きない.

若い親友集まる、祟り目杯、独私小さいすすりジュース、無顔に手を出すな.人は、ほかの人が混事、ワインを飲む.当時とは、ジュース代酒、橘香翻浸して、世界の一面の小さい清新.しかし世間には、この世でごちゃまぜこれら、知って酒機上、小酒量は極めてばつが悪い.もし酒は江湖、大酒量は間違いなく乗った戴紅花砂場笑傲江湖を制覇武林の第一高手、小さな酒量はせいぜい小手下、1点の発言権は部下に、小さければ、あなたの運命は悲しかった.官官からは付き合いの付き合いは、お酒を飲むのは、お酒を飲みたいのです;もし酒は酒飲みまたいくつのヘビースモーカー、冷房にがむしゃらに燃える>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です