頭脳労働者睡眠は脳を起こして食べ物を必携

科学者の研究は発見して、脳の重量は人体重量の2 %ぐらい占めて、しかし大脳の消耗のエネルギーは全身がエネルギーの20 %を消費することを占めます.人体の消耗のエネルギーは主に食事中の糖、脂肪と蛋白質は提供する.しかし、脳は、エネルギー物質には、他の器官不足、主要血液中のブドウ糖(血糖)酸化供給エネルギー.脳は血糖に極めて敏感で、人の脳は毎日およそ116~145グラムの糖を必要として、血糖濃度が下がる時、脳の消費量も低下し、轻者頭がぼうっとして,疲れを感じ、重症は昏睡.そのため、一定の血糖濃度は脳の複雑な機能の完成を保証することに対して非常に重要なことです.たんぱく質は脳中に含有量が高い.脳細胞は代謝過程で大量の蛋白質を補充して更新します.実験は、異なった含有量の蛋白質の食品が脳活動に対して著しい影響があることを証明する証明を証明します.食物の中の蛋白質の含有量を増加し、脳皮質の興奮と抑制作用を強め、たんぱく質の中には、脳細胞は代謝中に発生するアンモニアの毒性を除去し、大脳の作用を保護する作用があります.$ { FDPageBreak }人の脳が必要な脂の類は主に脳燐脂とレシチン(不飽和脂肪酸を含む)で、それらが脳を作用させることができる人を精力的、仕事や勉強の持久力を増強し、神経衰弱によい治療効果.また、科学者の研究は、長期的に緊張の頭脳労働に従事する時、機体は脂質代謝障害が現れ、血清コレステロールが高く、高脂血症と肥満症を引き起こしている.神経の活動は緊張も増えて機体にビタミンC、尼克酸、B族ビタミン、ビタミンの需要量.$ { FDPageBreak }とにかく、知力労働者の栄養は仕事の特長と栄養素に対しての必要から見れば、脳組織の活動のエネルギーを補充して、脳細胞を構成する燐脂あるいは不飽和脂肪酸や脳細胞の興奮や抑制を調節することに参与する蛋白質、延命素Aと微量元素などを重点.補助活動が少ない、特に中年以上の知力労働者、熱エネルギーによって、摂取量が少なく、特に注意すべき保証が十分な良質蛋白質とビタミンの摂取が減って,純糖、純油脂の食べ物の摂取量の増加、野菜、果物の摂取量は、1日の3度の食事を手配して科学.$ { FDPageBreak }知力労働者の选択に宜食べ物:(いち)で炭水化物食品:たとえば米、小麦粉、アワ、トウモロコシ、赤いナツメ、リュウガン,睡眠、蜂蜜など.(に)で良質なタンパク質に食べ物:たとえば卵、乳の類、魚類、鳥類、赤身と大豆の類.(さん)が豊富で不飽和脂肪酸食べ物:たとえば植物油、ヒマワリの種、カボチャの子、落花生、スイカの種、クルミ、魚、エビなど.(富んでよんしよ)脳燐脂食べ物:たとえば豚の脳、羊脑、鶏の脳など、レシチンの食べ物は大切な存在に卵黄、アヒル卵黄、ウズラ卵黄、大豆とその製品の中に.(ご)ビタミンAの食べ物:動物肝臓、乳の類、卵の類とニンジン、ニラ、昆布とキクラゲ中.(ろく)の食品のビタミンB群:穀類、豆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です